PVアクセスランキング にほんブログ村

Re: お金がない。半世紀何も考えずに…(笑)

旅行 バイク 車 海釣り 面白おかしく 好きなコト(趣味) を体験 アドバイスしてます。

遅延保険 … 損保ジャパン日本興亜 保険請求 編 www

 

【旅のど初心者が教える!

 

 

 

どうも。お金がないyochang です。

 

 

 

損保ジャパン日本興亜

 

新・海外旅行保険off!(オフ)】

 

f:id:bnr3015340713:20200115215314j:plain



 

 

 

 

 

   今回、チャイナエアラインのお陰で帰る日にちゃんと帰れなかった トラブル で帰宅翌日に損保ジャパンへ一報をメールしました。こちらの旅行保険はお守りとして’13からずっ~と掛けてきてましたが遅延の為、初めて使用してみました結果の補償金額が997でした。()()

 

 

 yochangは田舎暮らしの為、福岡空港 へは電車を乗って新幹線に乗り継ぎ、地下鉄 を乗り継ぎ 無料のバス で空港へ届けてもらいます。() なので行き帰りの日にちが決まってます。公共交通機関は事前にその日にちで前もって購入してました。

 ですが、帰りの 新幹線特急料金 (指定席であろうが自由席であろうが…)が当日のみ使用で使用出来ません。改札口をすんなりと通してもらえません。しかも遅延で次の日に帰って来てますのでその日から仕事があります。() すぐにでも帰れる新幹線は7分後でした。慌てて改札の方に証明書を頂き久しぶりのダッシュで無事に乗車出来ました。

 新幹線内での精算も考えましたがっ乗務員さんの都合上(お忙しくしてましたので)最寄の駅にて精算するコトにしました。() そこで領収書も発行してもらい 無事に帰宅し仕事をしました。

 

 yochangはいつも旅行に行く前に 損保ジャパン日本興亜 のサイトから 新・海外旅行保険off!(オフ)】に入ってPAタイプ2,420円に追加オプション (遅延)を足して2,480の合計保険料を掛けて行きます。

 

 なので、手続きをしていく際に色々と準備が必要です。

 

それには

・パスポートの顔写真のページのコピー

出入国印のページのコピー

・航空会社発行の遅延証明書(原本)

E-チケット(元々の搭乗予定便の確認が出来る)

・チケットの半券(実際の搭乗便の確認が出来る)

・発生した費用の領収書(原本)

・航空機遅延に伴う自己負担金額申告書

等を作成・コピーし提出しないといけません。()

f:id:bnr3015340713:20200120193641j:plain

f:id:bnr3015340713:20200120193523j:plain

f:id:bnr3015340713:20200120193704j:plain

f:id:bnr3015340713:20200120193733j:plain

 

 yochangは比較的に物持ちの良い色んな物を捨てられない人種でしてそれが今回は役に立ちます。ですが資料作りはこの記事(文章)のように簡単ではありません。() されたコトのある方ならわかると思います。

 

 

 色々と手違い・失敗・何度もやり直しが嫌なので資料を送って頂いた担当の方へ連絡をし、一つ一つつぶしていきます。電話での途中、担当の方から『国内に帰られてからの費用は出ませんよ。』っと言われ!?『はあ〜??』yochangは『旅行は家に帰るまででしょう?』って言いましたが担当の方にヤンヤン言っても仕方がありません。会社のルールです。()

 

 遅延補償の 上限は2万円 までです。結局今回の補償金額997時給計算じゃないですが割にあった話じゃないですよ。()

 

 たった+60円で遅延補償費と思いましたが… いや、違います。通常の 保険(傷害死亡・後遺障害、傷害・疾病治療、賠償責任、携行品損害、救援者費用)+遅延補償 をされたコトのある方っていらっしゃるのでしょうか? 居ないとは思いませんがよっぽど宝くじ等を買われた方がいい方ですね。(持ってます) 大概の方はどちらか一方で請求されたと思います。yochang2,480円払ってます。

 

 

 保険とはこう言うものよって言うなら保険会社(保険屋)をやった方がいいですよ。絶対に儲かります。ええ商売ですね。クレジットカード会社もです。()

 

 

 

 yochangは航空券代+ホテル代は 海外旅行保険付きクレジットカード での購入です。なのでクレジットカードに付帯ですと通常の保険(傷害死亡・後遺障害、傷害・疾病治療、賠償責任、携行品損害、救援者費用)は補償してくれます。今後、yochangは旅行の時にわざわざ別に旅行保険を掛けて海外旅行に行くコトはないでしょう。()

 

 

 ただし、これはあくまでもyochang自身が経験した一例というコトを忘れないでください。

 

 旅行での楽しみ方はひとそれぞれ違いますので、yochangの示したものが正解だととらわれずに、ご自身にあったやり方で楽しみながら事故の無いよう旅行の思い出を作ってくださいね。()