PVアクセスランキング にほんブログ村

Re: お金がない。半世紀何も考えずに…(笑)

旅行 バイク 車 海釣り 面白おかしく 好きなコト(趣味) を体験 アドバイスしてます。

初めてのトラブルに… 編 www

 

 

f:id:bnr3015340713:20200115163228j:plain

 どうも。お金がないyochang です。

 

 

 乗継出来ずに台北に一晩お泊り。(汗) これが まあ〜お勉強に…(笑)

 

 以前、ホーチミン台北便に搭乗する為に搭乗ゲートで待機していたところ、搭乗時間になっても機材の姿はありません。???しばらくして職員の方からアナウンスがあり『搭乗ゲートが変わりました。そちらに移動してください。』(英語)と…yochangは英語のコミニュケーション力0に近いため (笑) ゲート確認だけでもと職員さんのもとへ … チケットを見せながら簡単な数字を聞きだしました。

 そしてここ(ホーチミン)から台北まで同行 (笑) する乗客の大移動が…

 

 ホーチミン台北台北→福岡に乗り継ぐのにホーチミン台北便が遅れててホーチミン(タンソンニャット国際空港)で既に出発が大幅に遅れてます。(汗)

※この時yochangはまだ空の上で遅れた時間の帳尻合わせをしてくれるものと思ってました。(笑)

 

 台北(桃園空港)に到着し…いつもの何もなかったかの様に次の搭乗券をパスポートに挿みながら通路を…(笑) "Transfer "の看板を見ながら…(汗)

すると、カタコトの日本語で『フクオカ~?、フクオカ~?』っと。

『はぁ~いっ!』っと、近寄ってパスポートと搭乗券を見せると!!英語で『こっちに来い。』っと。???

ついて行くとそこには日本人の方も何人かいらしゃいました。(汗)

 他の職員がすべて英語で…『二人か…?』『(英語)わぁ~あ~ぁ………。』???って、英語でしばらく何やら言われ … 。(笑)

※何度も言いますがyochangとMy Best Friendは英語のコミニュケーション力 0に近い…(笑)

 説明を受けてるもの(渡された2枚の紙)はすべて漢字!!そう、ここは台湾です。何語?台湾語?はぁ?って感じで質問も出来ずにただただ知ってる単語が出ないか?どんな状況?かを理解しようと一生懸命な二人でした。(笑)

 んで、一通り説明を済ませた職員が『Are You OK?』って、yochang達は二人は『おっ?OK?!』(笑)って理解もしてないのに … 。そのあと別の場所で二人はミーティングをしたのは言うまでもありません。

 …たぶん?『あんた達が乗る飛行機はもう飛び立って次は明日の朝だよ。』『この紙がこちらが用意したあんた達が泊まるホテルへの証明書だよ。』『この紙はホテルまでのタクシーへの証明書だ。』『そしてこれが明日乗る搭乗券だ。』… (笑) たぶんこんな感じです。

とりあえず、先ずは入国をしないといけません。(汗) まだ台湾の土に足を付けたコトの無い2人!!!(汗) どうしていいのやら … yochangはプチパニックでした。(笑)

 


AIR SIM プリペイドSIMカード 10米ドル分初期残高付き オンライン決済 専用アプリ Normal / Micro / Nano 各SIM対応 データ通信専用 世界90ヶ国以上対応 DHA-SIM-021

 まず、コトの成り行きを説明して手助けしてもらおうと?!チャイナエアラインのデスクを探し日本語でもと…デスクを見つけそこに居る全ての社員に『Speaking Japanese ??』…社員さん達は『No ...』って?!?日本の空港じゃ!んなコト無いぞっとキレ加減なyochang ...(笑) ここに居てもラチが開かないのでイミグレーション近くをウロウロと… その時、空港職員さん(若い女性職員さん)が!!

 勇気を出して『Excuses Me ??』…『First Time ...』『immigration ???』と、渡された紙を2枚見せて…

 女性職員さんは『ああ…』『コチラニ…』ってたどたどしい日本語で色々と対応してくれました。たすかった〜(笑) 入国カードを書いてる途中で空港のfree wi-fiのコトやGoogle 翻訳のコトを思い出し今更感満載でした。(汗)

 

 彼女(若い女性の空港職員さん) おかげで難無くスムーズにスタンプを押し入国出来ました。

 

 いや〜あ…何事も落ち着いて持ってる物全てを使えば何ってコト無いコトなんですがね。(汗) 英語は大事ですよ。(笑)  "Transfer "の看板も大事ですよ。日本の航空会社はいいですよ。

※yochangはポケトークWのwi-fiタイプも所持してるのはナイショです。(汗)

 

台湾!良い国ですよ。!! この続きはまたの機会に … (笑)